リモート情シス サービスとは

リモート情シス サービスとは

ITの専門家として、IT戦略の立案から、導入を検討している IT製品のリサーチ、ITベンダーとの交渉、IT製品の導入にあたる稟議資料の作成、組織内のIT関連製品のマニュアル作成など、IT に関わる一連の活動をカバーします。
(※リモート情シス™:商標登録)

詳しくはこちらのサイトもご覧ください。
新しいタブでページが開きます。
https://workspeedy.jp/lp-wosp/

IT戦略を外部サービスに任せて大丈夫?

全く問題ないですね。

むしろ、外部で、ITの最新情報を、バランスよく、追いかけていて、IT業界の人脈が豊富にあるような人材が、最もふさわしいと考えています。

内部にいる人間だと、その仕事や、ビジネスを深く理解している面はもちろんいいのですが、外部の情報はなかなか得にくい面が否めません。

積極的に、様々なITイベントに出て、IT業界の色々な人と交流できればいいですが、その時間を本業に活かした方がいい部分て、多分にあります。

また、独立独歩で運営しているならば、ITの仕事を専業として、常に背水の陣で、仕事に取り組んでいるんです。

少なくとも私はその信念を持って取り組んでいます。

関わった組織が、ITを活用して、成長するように、安心できるように、全身全霊を傾けます。

ITの課題解決、必殺仕置人?

数時間、数日、数ヶ月、悩んでいたようなことが、ITの専門家に、ちょっと聞いただけで、一瞬で解決することがあるんですよ。

確かに内容にもよりますが、本当に一瞬ですよ。

例えば、中小企業で、IT部門がなく、ITに長けた人材がいないような組織であれば、なおさら、必殺仕置人とも、リモート情シス サービスを活用しないのは、とてつもなく、非効率だし、時間を無駄にしてしまう場面が、たくさんあります。

餅は餅屋で、任せられるところは、任せて、時間を買いましょう。