【ワクスピ・メルマガ】 スキャン、スキャン、スキャン?  Vol.8


【ワクスピ・メルマガ】
スキャン、スキャン、スキャン?  Vol.8
(2016/11/08 配信)

◇このメルマガは、購読登録して頂いた方、
過去に名刺交換した方などに向けて、
週1回をめどに配信してまいります。

もしこのメールが不要でしたら、お手数ですが
このメールの最下部にある登録解除URLをクリックしてください。


【今週の目次】
1.今週のひとこと
2.時事ネタ(主にIT・テクノロジー)にコメント
3.仕事にピリッとスパイス! ITツール、ノウハウを紹介
4.タイトル・コンテンツ「スキャン、スキャン、スキャン? 」
5.近況レポート
6.今週のブログ記事
7.お知らせ・ニュース

▼ 【ブログ:IT活用で高収益、仕事効率100倍!】
http://itwork100.com/

▼ 【Facebook:IT活用で高収益、仕事効率100倍!】
https://www.facebook.com/100itwork/

▼ 【株式会社ワークスピーディー公式ページ】

各種ご案内


■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□
1.今週のひとこと

先週はマイクロソフト社のTech Summit
という2日間のイベントに参加したのが
印象に残っています。

Microsoft Tech Summit|Microsoft
http://microsoft-events.jp/mstechsummit/

イベントのトピックはあとで触れるとして
毎日乗っている方には怒られそうですが
朝9時からイベントに参加するために
数週間ぶりに恐ろしく混んだ満員電車に
乗りました。

向かう場所は、お台場のヒルトン東京ホテル。

小雨が降っていて遅延もするわで
1時間半近くも満員電車に揺られて
本当に苦しかったです^^;

社会・経済の構造として
同じぐらいの時間に一斉に通勤・通学するのは
もう本当に止めた方がいいと改めて思いました。

在宅勤務でできる仕事だって
きっと、もっともっとたくさんありますよ。

テレワークの仕組みを加速度的に普及させたい!
と気持ちを新たにする出来事でした(^^)

■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□
2.時事ネタ(主にIT・テクノロジー)にコメント

Instagramが写真投稿から買い物ができるタグ
機能の検証を開始 | TechCrunch Japan
Instagramが写真投稿から買い物ができるタグ機能の検証を開始

デモ動画・YouTube:Instagram Tests Shoppable Photo Tags https://www.youtube.com/watch?v=qM-qSTwI2iY

Instagram は、広告からEC市場へ
参入する兆しをみせている。

Instagram の写真から直接オンライン
ショッピングできる機能を追加するのだ。

まずは米国から開始されるが
そう遠くないうちに日本でも開始
されるだろう。

Instagram はオシャレ、かっこいい
といったブランディングが功を奏し
国内外のセレブなどが、センスのいい写真を
日々投稿している。

写真を見て、欲しい!と思ったアイテムが、
ポチッとカートに入れて
商品が購入できてしまう。

フォロワーの多い有名人なら
一回投稿するだけで
購買を数倍に伸ばしたりと
影響力は相当なものだろう。

個人的な推測だが、アイテムだけでなく
先週紹介したスマホの写真を購入できる、
Snapmart(スナップマート)と同じく、
Instagram の写真を購入できる機能も
いずれおそらく追加すると思われる。

Instagram がますます巨大な収益を生み出す
アプリになりそう。

■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□
3.仕事にピリッとスパイス! ITツール、ノウハウを紹介

名刺アプリEight
https://8card.net/

(アプリ・ダウンロード)
iPhone:https://8card.net/f/app_store/TEF5ObrQRk
Android:https://8card.net/f/google_play/6hDNnpP1qd

お金は一銭ももらってないのに宣伝のように
なってしまうが、名刺を管理するのに
便利なアプリを紹介する。

名前は「Eight」

会員数が2015年1月時点で100万人を突破したと
ニュース記事にあるので、さらにその数は
増えていることだろう。

特徴は無料で、かつ、スキャンした名刺を
「Eight」のサービス運営側が、人海戦術で
名刺の情報を正確に入力・確認
してくれるのが特徴。

有料会員になると、入力される項目が増え
さらに無料会員に比べ、
優先してデータ入力される。

それ以外に、「Eight」は、Facebook のような
SNSの機能も持っている。「Eight」を使っている
人同士が名刺交換したとする。
それらの名刺が「Eight」に保管されると
その人同士が繋がるのだ。

タイムラインもあり、テキストや画像を
投稿することも可能。

ビジネスSNS の地位が確立されつつあり
日本で、Linkedin(転職活動や
ビジネスマッチングに活用)と
同じような立ち位置になる予感がする。

■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□
4.タイトル・コンテンツ「スキャン、スキャン、スキャン?」

本当にいまだ紙が多いです。

展示会・セミナーのチラシや
パンフレット、打ち合わせの資料、
街なかやポストに入るチラシ、などなど

紙と遜色ないデジタル機器や、
紙に勝るデジタルコンテンツを
簡単に作れない、配布できないのが
そもそもの原因だと思っていますが
まだこれからも紙文化が続くでしょう。

ちょっと油断すると、自宅は
紙だらけ・・・

スキャナ使ってますか?

私は、富士通のScanSnap iX500 を
愛用していて、スキャンが高速で
認識率もよく、A4サイズまでの
紙をスキャンする機器の選択肢としては
今のところこれ一択です。
(あっ、言い切っちゃった(^^))

それぐらい優れています。

スキャナ ScanSnap: iX500 特長: 富士通
http://scansnap.fujitsu.com/jp/product/ix500/

データの保存先はどこかというと
Evernote を使います。

Evernote
https://evernote.com/intl/jp/?var=c

スマホでも検索・チェックしやすいし
これもまた重宝しています。

私の場合、紙を溜めてしまうと
宿題でも残したような気分になるので
精神的にも良くないんですよね。

きっと共感する方いるはず^^;

どんどんスキャンしちゃいましょう!

スキャン、スキャン、スキャン!

■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□
5.近況レポート

冒頭でも書いたように先週
マイクロソフト社の Tech Summit という
イベントに参加しました。

Microsoft Tech Summit|Microsoft
http://microsoft-events.jp/mstechsummit/

このイベント、2日間で
8万円(税抜き・割引なしの場合)の
有料イベント。

無料イベントに比べて
各セッション内容に宣伝要素があまりない、
内容が最新で、より洗練されている、
といった違いはなんとなく感じましたが
大きな違いを正直感じないのが本音。

日ごろ、日の当たりにくい
IT担当者を「ITヒーロー」という言葉で
盛り上げていたのが印象的でした。

こうしたイベントのおかげもあり
ITやテクノロジーに関わる仕事のイメージも
随分変わっていくでしょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□
6.今週のブログ記事

期間:2016/10/08-2016/11/07
ページビュー数:14,123

先週以降、更新した記事はなし

ページビュー数は若干伸びています。

ブログの人気記事は
一週間ごとに更新されていますが
ほとんど順位に変化がありません。

ランキングを塗り替える
コンテンツを模索中です。

■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□
7.お知らせ・ニュース

新しいコーポレイト・サイトは
公開を許可されていない製品・サービス名が
ある、内容精査が不十分などの理由で、
まだ公開できていません。

もう少し時間がかかりそうです。


発行責任者:小松 英二
(株式会社ワークスピーディー ・代表取締役)

メール:info@workspeedy.jp

▼ 【Facebook:株式会社ワークスピーディー】
https://www.facebook.com/workspeedy/

▼ 【Twitter:小松英二(こまつえいじ)】

▼Twitter:https://twitter.com/workspeedy
▼ LINE@:http://line.me/ti/p/@workspeedy


登録解除URL:
http://workspeedy.jp/r/d.php?t=312808278&m=info@workspeedy.jp
※クリックするとメールマガジンの購読を停止できます。

アドレス変更URL:
http://workspeedy.jp/r/stepmail/edit.php?no=xmxkzw
※メールアドレスを変更していただく場合はこちらのURLから行えます。

「ワクスピ・メルマガ」バックナンバー

「ワクスピ・メルマガ」バックナンバー